賃貸探しをするのにおすすめの時期とは

日本では4月に新年度を迎えることで4月に合わせて進学、入社、人事異動などが行われています。そのために進学、入社、人事異動による住居の移動で引っ越しが必要になる人が出てきます。ですから日本では一般的に3月頃に引越しが最も増えるとされています。引越しの際に新しい住居を探す必要があります。多くの人は賃貸を利用するため、不動産会社も3月はお客さんが増えて混雑する時期となります。

もし賃貸を探すならお客さんの方も3月というのは急いで進めていかなければならない時期といえます。それは部屋を探しているお客さんがほかにもたくさんいるため、良い空室はどんどん埋まってしまうからです。できれば引っ越しが分かった時点で賃貸探しを一刻も早く始めるのがのぞましいです。引越しが増えるということは賃貸を退去する人も増えるということになるので、良い空室も一番多い時期になります。こまめに不動産会社の物件情報をちぇっくするのがおすすめです。退去や入居は随時行われているため、不動産会社の情報も常に更新されていきます。

1年の中で良い賃貸が見つかりやすいとされる時期は1月〜3月といわれます。年度末の引越しに向けて1月頃からそろそろ良い空室が見つかりやすくなってきます。3月に入ると最も引越しが多くなり、空室も見つかりやすいのですが、不動産会社がとても忙しくなってしまうのでゆっくり相談することが難しくなってきます。やや早めに賃貸探しを始めるほうが相談や下見をしっかりできるといえます。

【参考】

Copyright (C)2017賃貸物件の上手な探し方講座.All rights reserved.